結婚を控えている方必見!ブライダルフェア

おすすめのブライダルネイル

おすすめのブライダルネイル

おすすめのブライダルネイル せっかくのブライダルですから爪の先までお洒落に決めたいもの、ブライダルネイルを利用する新婦さんは大勢います。ブライダルとある以上は普段のネイルと違ってドレスにデザインや色味を合わせるのがいいのですが、お色直しをするので方向性が決まらないといういった悩みも出てくるでしょう。
そこでおすすめがチップ・つけ爪です。着脱が可能なこちらならば、お色直しに合わせてつけかえができるのでピッタリです。
記念として取って置けるのもメリット、それに式当日まであれこれと忙しい日々となる中で、直前に付けるだけなのでせっかくやってもらったネイルが剝がれてしまったなんて不幸が起こることもないのです。
もしもオーダーメイドでデザインから考えるなら、1ヶ月くらい前には検討を始めるべきです。好みに合わなかったら作り直してもらったりなんてこともあるので、あまりに直前すぎると間に合わなかったら困るからです。チップが出来てしまえばこっちのもの、ブライダルの前後にサロンにいく暇がないという方でも大丈夫です。

和装ブライダルでおすすめのブライダルネイルのポイント

和装ブライダルでおすすめのブライダルネイルのポイント 白無垢姿の花嫁は、女性なら誰もが一度は憧れたことがあるはずです。実際に結婚式を挙げるなら和装をしたいという希望のもっている女性も多いのではないでしょうか。
ブライダルで和装を選んだ場合、必ずしもブライダルネイルが必要というわけではありませんが、指先にネイルを施してより美しさを演出する女性もたくさんいます。
とくに和婚のブライダルを選んだ場合、手水の儀、三献の儀、指輪交換、玉串奉奠の儀など多くの儀式で手元に注目を集めます。ですが、少しでも美しく見せたいと思い、派手すぎるネイルを行うことは控えましょう特に伝統的な人前式では、神聖な神前であるということを意識することがポイントです。
また、白無垢や色打掛、引振袖などの生地は高級な織物でできています。褄(つま)を持って裾を上げたり袖口を抑えたりと、生地を持つ機会も多いので、生地にうっかり爪やネイルの装飾を引っ掛けないように爪は短く切り、あまり派手な装飾も避けた方が良いでしょう。
衣装が白無垢ならできるだけ白を基調としたシンプルなネイルで、色打掛や引振袖なら着物の生地の色合いや柄と合わせたネイルを施すとより美しさを演出できます。